これってダイエットの停滞期…?いつから、どのくらい続くの?停滞期じゃない場合も

食事制限やトレーニングをしているのに、急に体重が減らなくなった…

体重が順調に減っていた時と食事や生活習慣が変わっていないのに約2週間体重が減らなかったら、それはダイエットの「停滞期」かもしれません。

今回はダイエットの停滞期がいつから・どのくらいの期間続くのか、「これって停滞期?」と感じている方に他の要因がないかの検証内容をご紹介します。

これってダイエット停滞期?いつから?どのくらい続く?

ダイエットを始めてすぐに落ちた体重が全く落ちなくなると悲しくなりますよね。
しかし、この停滞期はダイエットが順調な人には誰にでも直面する問題です。
では何が原因で、いつから、どのくらいの期間続くのかをご説明します。

停滞期、何が原因?

人間の体にはホメオスタシス(恒常性)という機能があり「正常でないと元に戻そうとする」というはたらきがあります。
体重が大きく減少すると、このホメオスタシスが「飢餓状態だ!」と判断しそれ以上減らないように水分やエネルギーを溜め込むようになるので、痩せにくくなるのです。

停滞期、いつから始まる?

個人差がありますが、1ヶ月の間に体重の約5%が減少したときにホメオスタシス機能がはたらき、停滞期に入りやすいといわれています。

ですから、50kgの人は約2.5kg減った時、70kgの人なら3.5kg減った時に停滞期が始まる可能性が高いということです。

停滞期、どのくらい続く?

こちらも個人差があり、ダイエット法や体重の減り方・体質などの基本的条件によって停滞期の期間は異なります。

一般的には2週間から1ヶ月続くと言われていますが、2ヶ月や半年ほど停滞する人もいると言われているので、この時期に挫折してしまう人も少なくありません。

急激に体重が落ちるようなハードなダイエットは、身体が危険を感じやすいので停滞期が長引く傾向があると言われています。 極端な食事制限や今まで動いていない人が急にハードな運動をするなど、無理なダイエットは禁物です。

停滞期、一回きり?

残念ながら、停滞期は人によっては何回もくる場合もあり、一回で終わるとは断言できません。

「1ヶ月に約5%体重減少する」と停滞期が起こると言われているので、その条件が揃えば何度も起こるということです。 停滞期の壁にぶつかるたびに「ダイエットが順調なんだ」と言い聞かせて、継続することが重要です。

実は停滞期ではない?他の要因を探ってみよう!

体重が減らなくなり「停滞期かも…」と思う方の中で、もしかしたら違う要因で体重が停滞している場合もあるかもしれません。 もし、ダイエットを継続しているのに2週間体重に変化がない方は、下記の3つに当てはまらないか、今一度ご自身のダイエット法を見直してみましょう!

女性の場合、生理周期が原因かも?

今、生理前や生理中ではありませんか?

女性は生理周期によって、痩せにくい時期が顕著にあらわれます。

生理前や生理中は、プロゲステロン(女性ホルモンの一種)の影響で水分を溜め込みやすく「むくみやすい」状況になり、その時期はどうしても痩せにくい状況になります。

もしかしたら「停滞期」ではなく、ホルモンバランスの影響で体重が停滞しているだけかもしれません。 生理後1週間は非常に痩せやすい時期なので、それまでは体重が落ちなくても気にせず過ごしましょう。

実は痩せにくい食事をしているかも?

体重が減らなくなったと感じたら、今一度食事の見直しをしてみましょう!

食べたものを全て書き出す「食事日記」をつけて可視化するのがオススメです。

実は無意識のうちに、糖質の多いものや代謝を下げる冷えやすい食事などを多く食べているかもしれません。

食事内容を見直しても問題ないようでしたら、停滞期に突入したと認識し、今まで通りのダイエットを継続しましょう!

睡眠、足りていますか?

ダイエット中は十分な睡眠も必要です。

なぜなら、睡眠不足になると食欲がわくホルモンの量が約15%上がり、食事制限をすることでストレスがたまりダイエットに悪影響を及ぼすのです。

とはいえ、睡眠10時間以上の人は死亡リスクが高まるという調査結果もあるので、寝過ぎも禁物です。

体重が減らなくなった人の中で睡眠状態に問題があると感じた方は、1日7〜8時間を目標に寝るようにしましょう。

まとめ

急に体重が減らなくなったら、ダイエットのやる気もなくなり断念したくなりますよね。

体重が減らない要因が色々と考えられますので、前述でご紹介した要因と照らし合わせてみましょう。

それらに当てはまらないのであればダイエットが順調な証である「停滞期」かもしれないので、落ち込まずにダイエットを継続させましょう! 具体的な停滞期脱出内容は「停滞期を乗り越えるための食事方法やNG方法」の記事をぜひ参考にしてくださいね。

また、停滞期かどうか自分1人では判断できない…という方は
コーチが個人個人の状況に合わせてアドバイスをくれるダイエットサービス、
herucoをチェック
してみてください。

停滞期の過ごし方だけでなく、普段のお食事・運動もダイエッターのライフスタイルに合わせてご提案しています。

アプリのダウンロード&お試し期間は無料なので
気になったらまずはダウンロード!

▼アプリはこちら
iPhoneアプリ
Androidアプリ

◆著者紹介◆
小玉奈津実/管理栄養士 サプリメントの研究・商品開発、外食のメニュー開発、老人ホームでの献立作成などの職歴を経て、現在はフリーの管理栄養士として活動中。ダイエット関連、腸活・菌活関連など食に関する記事を執筆・監修しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です