糖質制限ダイエットでプロテインは飲んだ方がいいの?必要な量は?飲み方をご紹介します!

ダイエットをスムーズに行うには、プロテインを上手に取り入れて行うことが
有効とされています。
食事からはもちろん、プロテインドリンクなどを使えば、より効率的に
プロテインを摂取できますよね。

でもそこで気になるのが、糖質制限ダイエットとの関係。

「糖質制限ダイエットのときにプロテインを飲んでもいいの?」
「どのくらいの量を飲めばいい?」

など、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。
ここでは糖質制限ダイエット中のプロテインの摂り方についてご紹介します!

はじめに

プロテインに含まれるタンパク質は筋肉量をアップさせるのに欠かせない栄養素のひとつ。
筋肉量を減らさずに健康的にダイエットをするには、タンパク質をしっかり摂取
することが推奨
されています。
しかしタンパク質にもカロリーがあるため、上手に取り入れないと逆に体重の増加につながってしまいます。

特に、糖質制限ダイエットをしていると、甘みのあるプロテインドリンクなどは
摂ってもいいのか迷ってしまうところ。
この記事では糖質制限ダイエット中のプロテインの飲み方をご紹介しますので、
性質をしっかり理解して、うまく取り入れてみてくださいね!

糖質制限ダイエットとプロテインの関係

プロテインに含まれるタンパク質は、ダイエットには欠かせない栄養素として、すでに定番化
していますよね。
ダイエットを効率的に進めるにはタンパク質は必須です
そのタンパク質を効率的に摂取するために、プロテインも有効とされています

しかし糖質制限ダイエットをしていると、
「糖質制限ダイエットでもプロテインって飲んだほうがいいの?」
という疑問に直面します。

ただ、先ほどご紹介した通り、
脂肪を燃焼させるには、筋肉が大きな役割を果たします。
筋肉量が減ってしまうと脂肪燃焼効率が下がり、ダイエット効率も悪くなってしまうので、
筋肉量を減らさないためにも、タンパク質を摂取する必要があり、
これは糖質制限ダイエット中でも変わりません。


糖質を上手にコントロールしつつプロテインをしっかり摂取すること、そして運動も取り入れることで筋肉量を減らさずに、健康的なダイエットに取り組めるんですよ!

1日に必要なタンパク質の量は?

1日に必要なタンパク質の量は、一般的に男性が60~65gほど、女性が50gほど
いわれています。
目安としては、体重1kgあたり1gのタンパク質が必要になります

それを食事から摂取しようと思うと、次のようなメニューから摂取することが
できます。

・ご飯300g
・牛もも肉100g
・紅鮭70g
・納豆1パック
・牛乳2杯

これで約68gのタンパク質が摂取できます。
「意外と簡単?!」と思うかもしれませんが、糖質をカットしながらとなると、
ご飯は避け、肉や魚、卵、大豆類で摂取する必要があります。

また、筋トレや運動を日ごろから行っている人や、筋肉量をアップさせたいと
いう人は、もっとたくさんのタンパク質が必要になります。

ただし、注意が必要なのは、タンパク質の過剰摂取。
タンパク質は摂れば摂るほど筋肉量が増えるわけではなく、摂りすぎた分は
体脂肪となって蓄積されてしまいます。
どんなに多くても、体重1kgあたり2gのタンパク質量を超えないように
しましょう。

プロテインを飲むならどのくらいがいい?

糖質制限中、1日に摂取しても良い糖質量の目安は、50g~70g程度が適当です。
では、プロテインを飲む場合、どのくらい飲んでいいのか気になりますよね。

ザバス(明治)の場合、1食分あたりの糖質は約2.9gです。
糖質制限をしているなら、できるだけ糖質は抑えたいところ。
他のお食事も考えると、糖質制限ダイエット中にプロテインを飲むなら、1日1~2杯にしておく
のがいいかもしれませんね!

プロテインをうまく活用することがカギ!

先ほどお話下通り、食事だけで毎日タンパク質の摂取量をクリアするのは、
なかなか難しいと感じている人も少なくありません。
そこで、食事から補えないタンパク質は、プロテインドリンクなどを上手に活用する
ことがカギに!

基本は食事からプロテインを摂取することを意識して、食事で足りない分を
プロテインドリンクで摂るというイメージを持っておくといいですよ!

ここでは量に限らずに、プロテインの上手な摂り方をご紹介します。

食事のポイント

糖質制限ダイエットは、糖質量を減らせば食事量の制限がほとんどない、
というのが特徴のダイエットですよね。
それでもカロリーもできるだけ抑えようと、全体の食事量は少なくなりがち
です。

全体の食事量が減れば、もちろんタンパク質の摂取量も少なくなってしまう
傾向に。
糖質制限をしながらだと、なおさら目標量のタンパク質を摂取するのは難しい
と感じるかもしれません。

食事からタンパク質を摂取するには、次のことに気を付けてみて。

・肉や魚はしっかり食べる
・豆腐や納豆など大豆製品もおすすめ
・卵も毎日食べよう
・ヨーグルトなどは無糖をチョイス
・野菜もたくさん食べよう


まず大切なのは、タンパク質豊富な肉や魚をしっかり摂ること。
糖質制限ダイエットの観点からも、肉や魚をたっぷり摂ることはとても重要だと
されています。

肉や魚以外だと、豆腐や納豆などの大豆製品も、糖質が少なくタンパク質は
たっぷりなのでおすすめです。

また乳製品もおすすめなのですが、ヨーグルトなどは必ず無糖のものを選んで
くださいね。
フルーツ入りや加糖は、糖質が高めなので控えたほうがいいでしょう。

意外と思うかもしれませんが、アボカドやブロッコリーなどの野菜にも
タンパク質が含まれます。
タンパク質と同時にビタミンやミネラルも摂取できるので、ダイエットに必要な
栄養をバランスよく摂取できるのも魅力です。

また、タンパク質が豊富だからと偏った食生活になるのは避けたいところ。
いろいろな食材をバランスよく取り入れることで、健康的にダイエットを
進められますよ!

プロテインを飲むポイント

プロテインは飲むタイミングもとっても大切!
このタイミングを間違えてしまうと、ダイエットどころか逆に太ってしまう
こともあるので注意してくださいね。

プロテインを飲むおすすめのタイミングは3つあります。

1.運動後30分以内に飲む
2.寝る前に飲む
3.朝食時に飲む


まず一番おすすめなのは、運動をしたら30分以内に飲むのはマスト!
この30分は、筋肉に送られるアミノ酸の量が3倍にも増えることから、
ゴールデンタイムなどと呼ばれています。
運動で筋肉を使った後にプロテインを飲むことで、栄養補給と回復をサポート
します。

二番目におすすめなのが、寝る前に飲むこと。
人間は寝ているときに成長ホルモンを分泌します。
成長ホルモンは筋肉の成長にも関わり、それをサポートするために、就寝前に
プロテインを飲むといいでしょう。
ただし寝る直前は胃腸に負担がかかるので、寝る30分から1時間前に飲み終えて
おくことをおすすめします。

そして朝食時。
朝は体がもっともエネルギーなどを欲しているタイミングです。
このタイミングでプロテインを飲めば、必要な分をたっぷり補給することが
できますよ。

この3つのタイミングを上手に利用し、自分に合った量のプロテインを
取り入れてみてくださいね!

おわりに

糖質制限ダイエットは、糖質をうまくコントロールすればほかの食事制限が
必要ない、比較的取り組みやすいダイエットです。
糖質制限中でもやっぱりタンパク質は必須!
食事から上手に摂れるように、糖質をカットしつつタンパク質もしっかり摂取
しましょう。

また、プロテインドリンクなどを活用するときは、糖質オフの製品を選ぶのも
ポイントですよ。
最近は飲みやすい味のプロテインドリンクも増えているので、好みの味を
チョイスすることも、長く続けるポイントです!

また、プロテインの飲み方だけでなく、他のお食事も含めて管理していくのが
ダイエット成功の秘訣
です。
自分1人で頑張るのは難しい…という方は
コーチが個人個人の状況に合わせてアドバイスをくれるダイエットサービス、
herucoをチェック
してみてください。

ダイエッターのライフスタイルに合わせて食事や運動のご提案や管理をしてくれるサービスです。

アプリのダウンロード&お試し期間は無料なので
気になったらまずはダウンロード!

▼アプリはこちら
iPhoneアプリ
Androidアプリ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です