レコーディングダイエットが続かない人必見!継続の秘訣はモニタリングにあり!

f:id:heruco_saori:20200510161416j:plain

レコーディングダイエットは家にいてもどこにいても記録をとるだけでいいので、誰でもどこでもスグに取り組むことができる、ダイエット法なんです。 そこで、この記事ではレコーディングダイエットの具体的なやり方をご紹介します!

目次


はじめに

夏まであと3ヶ月、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今回は「レコーディングダイエットの継続の秘訣」についてお話したいと思います。
レコーディングダイエットとは、ダイエットの記録をつけることで痩せる方法のことです。
  • レコーディングダイエットって何?
  • 記録するだけで本当に痩せるの?
  • 何を記録すればいいの?
という方は以下の記事からどうぞ。
▼レコーディングダイエットの3大効果はコチラ
https://media.heruco.com/diet-method-recording/
▼レコーディングダイエットで記録すべきコトとは!?はコチラ
https://media.heruco.com/diet-method-recording-2/
ここでは、レコーディングダイエット、手軽だから始めてみたけど
どうしても続かない…2週間ぐらいで飽きてしまう…
という方に続けるために
「モニタリング=人に見られていること」の重要性とやり方について
お伝えしたいと思います。

モニタリングの重要性って?

モニタリングの重要性については、メンタリストDaiGoの著書『短期間で“よい習慣”が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術』(ゴマブックス株式会社、2019年)で以下のように言われています。
2016年のハーバードビジネススクールでの実験で、
「モニタリング(人から見られている感覚)とインセンティブ(ご褒美)どちらが有効なの?」
を証明するため、ベンガル国で手を洗う習慣をつけさせる試みが行われました。
モニタリングされるグループでは何回手を洗ったかを毎日確認され、
1週間での差や、1日のうちでの時間の差を定期的にレポートを受けました。
一方インセンティブを与えられたグループでは、手を洗ったら、
おもちゃや食料品のご褒美が得られました。
その結果、3ヶ月後、「モニタリングされたグループのほうが
インセンティブを与えられたグループより23%も多く手を洗っている」ことが判明しました。
さらに長期的にはモニタリンググループの方が手洗い習慣が持続したこともわかっています。
このように、モニタリングすることにより、
特に長期的に習慣づけすることができます。
これをダイエットに使わない手はないですよね。

本当にモニタリングって有効なの?

上記は手洗い習慣の話だったので、本当に?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
  • 家だとどうしても勉強できないからカフェや自習室に行って勉強する
  • 小さい頃自分の部屋で勉強できないから、リビングで勉強していた
  • 在宅勤務よりもオフィス勤務の方が集中できる
という方は多いのではないでしょうか?
これも人から見られていることを意識するからこそ、
勉強や仕事に集中できることの一例かと思います。
さらに知らない人だらけのカフェにいるより、
友達と自習室に行って勉強する方がさらに集中できるのは、
自分に対する目が強く働いており、サボっていると注意してもらえる
可能性があるからではないでしょうか。
このように人の目があり、かつその人が自分を見ていると感じられると
よりモニタリング効果が高まる可能性が高くなると考えられます。

ダイエットでモニタリングを活用するなら?

では、ダイエットでこのモニタリングを活用するとしたらどうしますか?
簡単なのは家族にダイエットをする!と宣言して、
お菓子などを食べていたら注意してもらうことかもしれません。
ただ、食事というのはあまりにも日常のことなので、
家族よりは友達や同僚にダイエット宣言をしてプレッシャーをかけるのもいいですね。
あるいはSNSでダイエット宣言をする、食べたものを報告するのも、効果的と言えます。
人の目が増えますし、SNSでダイエット仲間を探せば一緒に頑張っている気持ちにもなれます。
周りにダイエット宣言ができる人がいない…という場合には、
AIが搭載されている食事管理アプリに食事を投稿し、
AIからのレポートをもらってもいいかもしれませんね。
あすけんやカロリーママなど、食事投稿をすると
無料でAIがアドバイスをくれるアプリはいくつかあるので探してみてください。

あすけん | あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート

楽しくダイエット・健康管理を続けられるスマホアプリ「カロリーママ」

人の目でない分、”人に”見られている感はありませんが、
的確なアドバイスがくることで、
自分の行動の影響度は強く感じられるのではないかと思います。
(周りの友達は「食べ過ぎだよ!」とは言ってくれますが、
 「そのお菓子は200kcalあるから、1日のカロリーの1/6だよ!」とは
 なかなか指摘してくれないので、その点AIは良いのではないかと思います)
ただ、SNSでAIから「いいね!」が来ても、そこまで嬉しくないのと同様、
AIより人に見られた方が嬉しく、プレッシャーを感じますよね。
そこで、
  • どうにか人にダイエット行動を監視してもらえないか?
  • それによりレコーディングが続くようにならないか?
と思い、「コーチ=人が自分のダイエット行動をモニタリングしてくれる」サービス
作りましたのでご紹介させてください。

コーチがモニタリングしてくれるサービス「heruco」

herucoの価値はズバリ、
生身のコーチが自分の食事や運動習慣に対して的確なアドバイスをしてくれ、
監視してくれることで、ダイエット行動が継続できること
です。
そして、ダイエット行動継続のためのレコーディング機能(食事投稿機能・体重投稿機能)が
全て1つのアプリの中に揃っており、コーチがそれを常に見られる状態にあることがポイントです。
ダイエットのためのレコーディングと、
レコーディングを継続するためのモニタリングが揃っているんです。
さらにレコーディングの効果の記事(https://media.heruco.com/heruco-introduction/)でお話しましたが、
「なぜ痩せたのか?太ったのか?」も
客観的な目でコーチが分析してくれるので、ダイエットのスピードが格段に上がります。
「本当にコーチがいるとモニタリング効果あるの?」「レコーディング続く?」
という方もいらっしゃるかと思いますが、実際にサービスを体験された方には、
「コーチが見ているからダイエットを続けられた」
「食べ過ぎたらコーチに怒られる、と思い、自分を抑制できた」
「コーチの的確なアドバイスで頑張ろうと思った」
と言っていただけています。
アプリをダウンロードいただくと、初回は5日間無料で
コーチがついたダイエット体験をお試しいただけますのでぜひお試しください。
▼アプリダウンロードはこちら

heruco(ヘルコ)コーチとアプリでダイエット

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.heruco.android.app