ダイエット中に焼肉を食べるときにおすすめの部位は?

ダイエット中に焼肉に誘われることもあると思います。
高カロリーで油も多い焼肉は、ダイエット中はちょっと敬遠してしまいますよね。
せっかく焼肉に行っても何も食べない、なんていうのは場の雰囲気も壊してしまうので避けたいところ。

焼肉は、部位を上手に選べばダイエット中でもおいしく食べられます。
糖質制限中なら、むしろ焼肉は強い味方に!
ここではダイエット中の焼肉におすすめの部位と、食べ方のポイントをご紹介します!

はじめに

カルビに牛タン、ロースやハラミなど、焼肉には魅力的なメニューがたくさん!こってりしたお肉にタレをたっぷり付けて、ご飯も一緒にいただきたい! と思う人もいるかもしれません。

ダイエット中の焼肉は、いつも通りの食べ方ではもちろんNG。
食べる部位や全体のカロリーを気にするなど、ちょっとポイントを押さえれば、
ダイエット中でもおいしく焼肉を食べることができるんですよ。

お肉はダイエットに欠かせない栄養素をたっぷり摂れるので、糖質ダイエット中にもおすすめです。
あれもこれも我慢してしまうとストレスが溜まり、ダイエットの逆効果になってしまうことも。
おいしく焼肉を食べて、楽しくダイエットに取り組みましょう!

ダイエット中に焼肉を食べるときのポイント

ダイエット中に焼肉を食べるときは、次の6つのポイントを押さえましょう。

・一番最初にナムルやサラダを食べよう!
・お肉はサンチュなどに包んで食べよう!
・タレのつけすぎに注意!
・ご飯は食べない、もしくは小盛で!
・ヘルシーな部位を選ぼう!
・飲み物はお茶を中心に!

一番意識してほしいのは、野菜を多く摂ることです。
お肉を食べ始める前に、ナムルやサラダ、キムチを食べれば、血糖値の急上昇を抑えることができます。
お肉を食べるときは、サンチュなど葉物野菜に包んで食べればより効果的!

タレは塩分も糖分もたっぷりで、ダイエット中は特に注意が必要です。
塩やおろしポン酢などで食べると、糖質カットにもつながります。

スープを頼むのもおすすめです。
スープは体を温める作用もありますし、満腹感も得られます。
お肉を食べる量を減らせば、カロリーもぐっと抑えることができますよ。

ダイエット中の焼肉ではお酒はセーブしよう

焼肉に付き物なのはやっぱりお酒!
ビールと一緒に食べる焼肉は格別ですよね。

しかしアルコール類は、食欲を増進する作用があるため、ダイエット中の焼肉には大敵です。
アルコールは感覚を麻痺させるので、つい食べ過ぎてしまうんですね。
また、甘いテイストのカクテル類は、糖質もカロリーも高め。
できれば飲まないほうがいいでしょう。

ビールなどのアルコールは最初の1杯にして、2杯目からはウーロン茶や緑茶にするか、ハイボールで楽しみましょう。

焼肉を食べた翌日は体のケアをするのがおすすめ

食べる部位や量に気を付けたとしても、つい食べ過ぎてしまうのが焼肉の落とし穴。
ダイエット中に焼肉を食べるなら、次の日の過ごし方まで含めて考えましょう。

脂の多いお肉類は胃腸に負担がかかり、消化が緩やかになるケースも。
翌日の食事は、消化の早いお粥や温野菜を食べたり、全体の食事量を減らして胃腸の負担を軽くしてあげたりするといいですよ。

軽い運動を取り入れて、いつもより消費カロリーを多くすることを意識してもいいでしょう。
ひと駅前で降りて歩く距離を延ばしたり、ストレッチやエクササイズで体をほぐす程度でもOKですよ。

ダイエット中におすすめの焼肉の部位

部位によっては脂質もカロリーも高いものがあります。
ダイエット中に焼肉を食べるなら、部位にも気を付けましょう。

・赤身肉を中心に食べる
・レバーやハツなどのホルモンもおすすめ
・カルビは1~2枚に

この3つのポイントを踏まえつつ、ここではダイエット中におすすめの焼肉の部位をご紹介します。
1人前を100gとして、カロリーや糖質もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

ダイエット中におすすめの焼肉部位①ヒレ

カロリー:133kcal
たんぱく質:20.5g
脂質:4.8g
糖質:0.3g

ヒレ肉は赤身の代表!
さっぱりとした味わいですが、肉のうまみをしっかり感じられるので、ダイエット中にも満足感が高い部位です。
高たんぱくで低脂質、糖質もほとんど気にならないので、ダイエット中の焼肉ではぜひ食べてくださいね。

ダイエット中におすすめの焼肉部位②牛レバー

カロリー:132kcal
たんぱく質:19.6g
脂質:3.7g
糖質:3.7g

好き嫌いの別れるレバーですが、高たんぱく低脂質で、こちらもダイエット中におすすめの部位です。
ビタミン類や鉄分など、不足しがちな栄養素をたっぷりと摂取できるので、食事量が減りがちなダイエット中にはぜひ食べてほしいです。

ダイエット中におすすめの焼肉部位③ミノ

カロリー:182kcal
たんぱく質:24.5g
脂質:8.4g
糖質:0g

ホルモンの中でも、ダイエット中に特におすすめの部位はミノ。
高たんぱくで糖質はゼロというのは魅力ですが、脂質がやや高めなので大量に食べるのは避けたいところ。
噛み応えのある部位なので、自然と咀嚼回数が増え、満足感もしっかり得られますよ。

ダイエット中におすすめの焼肉部位④ランプ(赤身)

カロリー:121kcal
たんぱく質:21.6g
脂質:3g
糖質:0.5g

ランプはサーロインのうしろ、腰からお尻のあたりの部位です。
サーロインのうまみも感じながら、赤身なのであっさりとした味わいが特徴。
サシが多く入っている和牛のランプは、カロリーも脂質も高めになるので注意してくださいね。

ダイエット中におすすめの焼肉部位⑤ハラミ

カロリー:377kcal
たんぱく質:16g
脂質:30.8g
糖質:4.9g

カルビよりもハラミのほうが好き、という人も多く、焼肉の定番でもありますよね。
カロリーも脂質もやや高めのハラミですが、カリウムが多く含まれていて、むくみの解消に役立ちます。
噛み応えもしっかりしていて、少量でも焼肉をたっぷり食べた気分になれますよ。

牛タンやロースは少量ならOK

焼肉に行くと絶対食べたい! と思うのが、牛タンやロースですよね。

牛タンは1枚約20g、カロリーは約70kcalと高めです。
ロースは1枚約20g、カロリーは約50kcalですが、部位や産地でカロリーに差が出るので、注意が必要。

どちらも糖質は0.2g程度なので、糖質制限の観点から見れば食べてもOKですが、カロリーが高めなので最初に1~2枚だけ食べるようにしましょう。

ダイエット中の焼肉はどのくらい食べていい?

ついつい食べ過ぎてしまう焼肉ですが、
「ぶっちゃけどの部位のお肉をどのくらいまで食べていいの?」
という疑問や不安もあると思います。

モデルケースとして600kcalを目安にすると、
・牛タン8枚
・ロース9枚
・カルビ10枚
・ハラミ16枚
・牛レバー23枚
となります。

牛タン1枚+ロース1枚+カルビ1枚+ハラミ3枚+レバー2枚=約360kcalですので、これにサラダやスープ、ご飯を少し食べると600kcal程度になります。

脂っこいお肉を3~4種類1枚ずつ、赤身のお肉は2種類程度を2~3枚、これにレバーやミノなどカロリーの低いお肉2~3種を2~3枚食べるようなイメージだと、カロリーオーバーせずに焼肉を楽しめますよ。

<h2>おわりに

ダイエット中には避けてしまいがちな焼肉ですが、食べ方や食べる部位を注意すれば、おいしく焼肉を食べられます。
ただし、食べすぎは厳禁!

糖質に注意するだけでなく、カロリーにも気を付けてくださいね。
部位はあっさりした赤身肉やホルモンを中心に選び、野菜もたっぷり食べるようにしましょう。

アルコールやご飯類は控えめにし、翌日の過ごし方まで気を付ければ完璧です!
ダイエット中でもたまには焼肉で息抜きをしてもいいかもしれません。
たんぱく質をたっぷり摂ることを意識して、焼肉を楽しみましょう。

他の料理や日々の食事など、
ダイエットのための食生活全般や運動にアドバイスがほしい!という方は
コーチが個人個人の状況に合わせてアドバイスをくれるダイエットサービス、
herucoをチェック
してみてください。

普段のお食事・運動も
ダイエッターのライフスタイルに合わせてご提案しています。

アプリのダウンロード&お試し期間は無料なので
気になったらまずはダウンロード!

▼アプリはこちら
iPhoneアプリ
Androidアプリ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です